このサイトは、京都建築大学校 安藤眞吾インテリア/プロダクト研究室が運営しています。

安藤教授による主催者挨拶
安藤教授による主催者挨拶

安藤ゼミ主催の

KASD インテリアデザインセミナー開催。

 

2013年6月15日(土)14時半から17時まで

京都伝統工芸館6階 DESIGN+ART SPACE K3nordにて

「ミラノサローネ2013レポート&ディスカッション」

が開催されました。

 

ヨーロッパで毎年開催される、世界有数の国際的なデザインイベント「ミラノサローネ」。

本セミナーでは今年のミラノのデザイントレンドレポートと若手デザイナーのミラノでの挑戦をデスカッションしました。

基調講演はタピエ代表の玉井恵里子先生。「ミラノサローネのデザイントレンド」と題してフィエラの国際見本市会場の様子やミラノ市内でのフォーリサローネの活況など。独自の視点を織り交ぜた魅力満載のお話を聞くことができました。

 

次いで、安藤ゼミ担当教員の安藤眞吾先生(京都美術工芸大学教授)のモデレートによるパネルディスカッション「ミラノサローネでの挑戦」が行われ、前出の玉井先生の「日本のかたち展」の紹介を皮切りに、グラフィックデザイナーの嶋崎依里氏による「TUTUMU Exhibition」の紹介、アーキテクトタイタンの中川氏、河原氏による「サローネサテリテへの出展」のお話が続きました。特に「サローネサテリテへの出展」は、出展に至る裏話が聞けて勉強になりました。

左:ゼミ生の小谷君による司会 中:安藤先生と玉井先生 右:中川氏、河原氏、嶋崎氏のパネルディスカッション
左:ゼミ生の小谷君による司会 中:安藤先生と玉井先生 右:中川氏、河原氏、嶋崎氏のパネルディスカッション

KASDインテリアデザインセミナー
「ミラノサローネ2013」レポート&ディスカッション
セミナーのフライヤーはこちらからダウンロード出来ます。
ミラノサローネ報告会2013フライヤーLITE.pdf
PDFファイル 367.3 KB

今年の「ミラノサローネ」のデザイントレンドのレポートと、若手デザイナーのミラノでの挑戦をディスカッションします。


■日時: 2013年6月15日(土)14:30~17:00

■会場: 京都伝統工芸館6階

     DESIGN+ART SPACE K3nord

             http://www.k3nord.org/K3nord/k3nord.html

     京都市中京区烏丸通三条上る場之町606

■参加費:無料

     氏名、企業名(学校名)、連絡先を明記の上

     Eメールにてお申し込みください。

     fusion.design.labo@gmail.com

 

 

【プログラム】
 14:30-15:20
  基調講演 「ミラノサローネのデザイントレンド」
   講師 / 玉井 恵里子 
    インテリアデザイナー・株式会社タピエ 代表
    大阪成蹊大学 非常勤講師
    公益社団法人日本インテリアデザイナー協会 正会員
   
 15:30-16:50
  パネルディスカッション 「ミラノサローネでの挑戦」
    国際家具見本市での若手デザイナーブース
    「サローネサテリテ」やミラノ市街での
    「TuTuMu Exhibition」。その目的や現地での反響を熱くディスカッションします。
   パネリスト / 河原 司 ・ 中川 晴夫 
     リソースアーキテクト・有限会社アーキテクトタイタン取締役 共同主宰

   パネリスト / 嶋崎 依里
     デザイナー・デザインQ代表・京都美術工芸大学 非常勤講師
   モデレータ/ 安藤 眞吾
     京都美術工芸大学 教授・京都建築大学校 ゼミ担当講師
     公益社団法人日本インテリアデザイナー協会 理事

  

  ■主催  京都建築大学校 安藤眞吾デザインゼミ

  ■後援  京都美術工芸大学 工芸デザインコース

 

Archi-Furniture Exhibitionを開催します。

2012.10.23(Tue)-10.27(Sat)

 

サブタイトルは「建築的視点の家具たち」。

プロのデザイナーと京都建築大学校の安藤ゼミ4年生の作品展です。

フライヤーはこちらからダウンロードできます。
Archi-Furniture Exhibition.pdf
PDFファイル 430.7 KB
80人オーバーの参加者で会場は大盛況!(クリックで拡大)
80人オーバーの参加者で会場は大盛況!(クリックで拡大)

安藤ゼミ主催の

KASD インテリアデザインセミナー開催。

 

2012年6月23日(土)15時から17時半まで

京都伝統工芸館6階 DESIGN+ART SPACE K3nordにて

ヨーロッパデザインイベント報告会

「ミラノサローネとメゾン・エ・オブジェ」

が開催されました。

 

ヨーロッパで毎年開催される、世界有数の国際的なデザインイベント「ミラノサローネ」と「メゾン・エ・オブジェ」は常に最先端のデザインが発表される場として、世界中の関係者の注目を集めています。

今回は、「ミラノサローネ」と「メゾン・エ・オブジェ」がどのような役割を果たし、どのようなデザイン情報を発信しているのかを3人の講師の先生によってレポートしていただきました。

 

当ゼミ担当教員の安藤眞吾先生には「ミラノサローネのデザイントレンド」というテーマで「ミラノサローネ」の過去3年間のデザイントレンドの変遷をレポートしていただきました。

フィエラの国際見本市会場の様子やミラノ市内でのフォーリサローネの活況など。サローネの魅力満載のお話を聞くことができました。

 

次いで、建築デザイナーで有限会社空間デザインワークス代表の草木義博先生には「メゾン・エ・オブジェの展望」というテーマで、パリで開催されるインテリアとデザイン関連の見本市「メゾン・エ・オブジェ」の魅力と今後の展望を解説していただきました。ミラノサローネとの比較、メゾンらしさの特徴など興味深い内容でした。

 

最後は、リソースアーキテクトで有限会社アーキテクトタイタン取締役・共同主宰の河原司先生に「ミラノサローネへの出展」というテーマで、今年のミラノフォーリサローネ「日本のかたち展」にオリジナル家具を初出展されたその目的や現地での反響を熱く語っていただきました。実際の作品の組み立て実演に感激しました。

 

画像はクリックすると拡大します↓

次回の「KASDインテリアデザインセミナー」は9月下旬開催予定です。お楽しみに!

フライヤー
フライヤー

KASD インテリアデザインセミナー開催のお知らせ

(終了しました。)


ヨーロッパデザインイベント報告会

「ミラノサローネとメゾン・エ・オブジェ」

 

プログラム 

15:00-15:50

「ミラノサローネのデザイントレンド」    

   講演/ 安藤 眞吾(京都精華大学デザイン学部教授・京都建築大学校ゼミ担当講師) 

16:00-16:40

「メゾン・エ・オブジェの展望」

   講演/ 草木 義博(建築デザイナー・有限会社空間デザインワークス代表)

16:40-17:20

「ミラノサローネへの出展」

   講演/ 河原 司(リソースアーキテクト・有限会社アーキテクトタイタン取締役・共同主宰)

17:20-17:30 質疑応答

 

■日時: 2012年6月23日(土)15:00~17:30(開場14:45)

■会場: 京都伝統工芸館6階 DESIGN+ART SPACE K3nord

              http://www.k3nord.org/K3nord/k3nord.html

     京都市中京区烏丸通三条上る場之町606 075-229-1010

■参加費:無料

     氏名、企業名(学生は学校名)、連絡先を明記の上、

     Eメールにてお申し込みください。fusion.design.labo@gmail.com

 

■主催  京都建築大学校(KASD)   フュージョンデザインラボ(安藤ゼミ)                    

セミナーのフライヤーはこちらからダウンロードできます。
KASDミラノサローネ報告会2012.pdf
PDFファイル 302.3 KB